« 広がる実生株 | トップページ | 第五のカエル登場 »

国産が好調

Macranthum1704up

 

今年もシプリペディウムが咲き始めました。

今年は外国産の種類が今ひとつなのですが、

国産のいわゆる普通のアツモリソウが良く咲いてくれました。

私はこのピンクのアツモリソウが大好きで、

巷で人気の黒っぽい濃赤紫の花を咲かせる

「ホテイアツモリ」や「カマナシアツモリ」より、こちらの方が好みです。

今まで株分けによるダメージを恐れてどうも大株にしてしまい、

結果花付きが悪かったのですが、昨年大胆に株分けしてみたところ

どの鉢にも最低1つは花が咲きました。

でもまだ大株ですよね。

これをさらに分けると鉢数がふえ過ぎてしまい管理が大変・・・

いよいよヤフオクかあ!?(笑)

・・・いやいや、アツモリソウは特定希少種に指定されているので

ちゃんと認可を得ないと勝手に販売できませ~ん。

栽培されてる皆様もご注意を(笑)

 

Macranthum1704

|

« 広がる実生株 | トップページ | 第五のカエル登場 »

栽培と飼育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/487746/71041102

この記事へのトラックバック一覧です: 国産が好調:

« 広がる実生株 | トップページ | 第五のカエル登場 »