« 2022年5月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年6月

オダマキコレクション4

Aquilegia-chrysantha

このオダマキ、面白い形でしょ。

といっても園芸品種のオダマキにはこの花の交配が多く作られているので

オダマキの園芸品種を多く栽培されている方なら、割と馴染みがある花形かもしれません。

名前をアクイレギア・クリサンサ(Aquilegia chrysantha)といい、

アメリカ北部からカナディアンロッキーに分布している原種です。

やたら目に付く後方に長く突き出した距が特徴で、

園芸的な交配においてもこの特徴が色濃く残ります。

個体の性質には差があって、日本の暑さに負けてしまう場合も多いみたいですが

我が家の個体は当たりだったようで、植え替えさえ怠らなければ丈夫に育ってくれます。

距は蕾の時からぐんぐん突き出して伸びるので

蕾の形(うしろにぼんやり写っています)も面白く、

個人的には「サイボーグ009」の002を思い出してしまいます。

| | コメント (2)

オダマキコレクション3

Aquilegia-atrata

オダマキ連投・・・

今回のは「黒いやつ」です。

アクイレギア・アトラータ(Aquilegia atrata)たしか北米大陸のオダマキだったかな。

和名に「黒花オダマキ」とつけられた中国産の種類がありましたが

このアトラータの方が断然黒いです。

これ一種だと何とも地味なんですが、他のオダマキに混じって咲いていると

アクセントが効いた感じになって結構好きです。

| | コメント (0)

オダマキコレクション2

今週は雨スタート。明日以降もスッキリしない日が続くようで

このまま梅雨入りなのかな〜なんて気がしてます。

5月も雨の日が多かったですよね。

以前のように梅雨の期間がはっきり区切られなくなってるのかな・・・

さて、先月から咲き続けてくれたオダマキたちも、そろそろ花が終わりを迎えます。

今日の画像はアルプスオダマキことアクイレギア・アルピナ(Aquilegia alpina)です。

青紫一色のオダマキですが、主張の強い色なのでたくさん咲くと壮観。

我が家にはやや薄い青紫で花が大きいタイプと、

花色が濃くて小ぶりなタイプの2系統があり、画像は後者の方です。

このオダマキは種子発芽率が非常に高くて、庭のあちこちで増えています。

よく他の植物の鉢植えにも入り込んで、うっかりすると乗っ取られてしまいます(笑;)

 

Aquilegia-alpina

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年8月 »