意見がある人〜ハイ、ぐりお君

さらに埋もれる谷

Chaurokotake

 

少し前に東京西部にある谷の動植物調査の話題を掲載しましたが、

その際にも触れた通り、そこは既に30年程前に

建設廃土の埋め立てによって生じた人為的な谷地形でした。

こういう場所では脈絡の無い場所から運んできた来た土を

特に上下関係を気にする事も無く、搬入順に埋め立てて行くので

自然の地史的な流れでは生じない植生や生態系が存在します。

一見すると樹々は20~30メートルに育って森を形成し、

下草もそれなりに生い茂っているのですが、

その種類の構成を調べて行くとなんか不自然・・・

調査リストをまとめていても、

どこにでも出現するような普通種に欠けが多く、

内陸の山すそなのに海浜性のものがひょっこり顔を出したりしています。

それでもこれからもっと長い時間を掛けながら

より適材適所な植生に移行して行くのでしょうけど、

土壌の不自然さはいろいろな形で長期的に影響するようです。

一番ショックだったのは、谷底からしぼれ出す冷たく透明な湧き水が

じつは汚れているという事。

普通、地下2メートルで表土腐植層の栄養の影響はほとんど無くなり、

地下5メートルで細菌は地上の数%にまで減少すると言われていますが

栄養物が地下深くに埋もれたり、地下に不自然な空隙が出来たりする

人為的な廃土埋設処分場では、こういう自然界の常識が通用しません。

湧き出た直後から藍藻や水綿が生育する様子を見ると、

「人間は恐ろしく大それた事をしているよなあ・・・」という気になります。

写真はその湧き水の畔に倒れたコナラの朽ち木に育つ

チャウロコタケ(だと思う:笑)。

ウロコの隙間にはたくさんのヒメデオキノコムシがいました。

人工の谷にも、こうして枯れ木を土に還す生命の営みが見られますが、

調査の後、いずれはここも更なる廃土に埋もれ、

コナラの朽ち木もキノコも虫たちも、普通なら存在しない深さに

使われない栄養物として閉じ込められることでしょう。

こうした人為的な改変は

何百年後、何千年後に何をもたらすのでしょう。

山も川も浜も湖も、今だけの事情や都合でいじくり過ぎてはいないのか、

う~ん・・・と考え込んでしまうぐりおでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニティの問題

Nagaikekouen01

 

先日、業務提携NPOであるつくば環境フォーラムさんの

視察研修に参加させてもらいました。

その視察訪問先のひとつが八王子市の長池公園。

ここの管理委託を請け負っているNPO、フュージョン長池さんに

里山公園の運営のあり方に関する貴重なお話を伺う事が出来ました。

いろいろな実例をあげて、公園を支える仕組みづくりの

もっとも大切な点を教えていただき、まさに目からウロコの思いでした。

ここで具体的な事はつらつら書きませんが、

とにかくあらためて気が付いたのは、

里山を残すとか保全するとかっていうのは、コミュニティの問題だという事。

その地域に住む全ての人たちに機能するものでなければ

本当の意味で持続的な里山保全などできないということです。

自然が大好きだとか、山仕事をしたいとか、生き物が好きだとか、

そんな人たちばかりが集まってNPOなんぞ作っても

本当の住民理解など得られないという事・・・まあ、その通りなんですが、

けっこう見失いがちな点です。

長池公園には、長池公園の流儀を感じました。

さて、上の写真は長池公園の目玉ともいえる修景ポイント、

築池(つくいけ)と姿池(すがたいけ)間から姿池方向を臨んだカット。

ここはどこでしょ!って感じですよね。

姿池の運河っぽいつくりと橋のデザインを見るとなんだか異国情緒ですが、

奥の集合住宅がセットになるとアーバンな雰囲気です。

下は同じエリアから姿池とは反対側にある築池を臨んだカット。

同じ場所とは思えないくらいに里山の原風景が広がっています。

これ、ほんとに同じ場所から見える風景なんですよ。

都市のコミュニティ機能を受け入れるところは受け入れ、

昔ながらの里山の残すべきところはしっかり残す・・・見事です。

 
Nagaikekouen02
 
Nagaikekouen03

これは築池方向に公園内を5分ほど歩いたあたりの風景。

完璧な谷津田です。これも公園内の風景。

水路にはカワニナがたくさんいました。

アカガエルのオタマジャクシもいっぱい泳いでいたし、

カタクリもイチリンソウもありました。

多摩ニュータウンの一角にある里山公園は、じつに懐が大きい場所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

複雑な気分(その2)

Midorigame_kiji

 

今日は晴れて気温も15℃に達するかも・・・なんて予報でしたが、

あいにく曇りとなってしまい、温かさはそれほど感じませんでした。

確かに気温は高めでしたけどね。10℃ピッタリでした。

さて、前回に続いて新聞記事からのネタ。

転載記事の画像は1月9日の読売新聞です。

「ミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)輸入禁止へ」

みなさんはこのニュースご存知でしたか?

ミドリガメといえば、私が子どもの頃にはすでに定番の飼育生物でしたから、

飼育対象の外来は虫類としてはかなり古参の部類ですね。

めっぽう丈夫で環境耐性が大きい上に繁殖がたやすいため、

大量に流通し、祭りの夜店に氾濫していた時期すらありました。

「一度は飼育した事がある」方も多いのではないでしょうか。

これが野生化して増えて来ている事は、以前から話題になっていましたね。

生態的に在来種のイシガメやクサガメ(こちらは外来種説アリ)と

かちあう為、彼等がめっきり減ってしまいました。

おぼろげな記憶なんですが、今から40年程前の私が小学校高学年の頃に

すでに井の頭公園の池には大小沢山の個体がいたような記憶が・・・(笑)

今さら禁止と言っても、多分飼育より野生化した個体の方が多いと思います。

どうしてこんなに法整備が遅かったのか・・・という話になりますが、

結局未然に分からなかったのでしょうね。

記事の文末にも書いてありますが、飼育まで禁止ですから

法律適用以前から飼育している人も、気分的に手放したくなって

またついリリースしてしまうケースが多く発生しそうな気がします。

先日とある学校の先生と話した際に、このミドリガメの件で

「子どもたちにも、ミドリガメが生態系に害を及ぼす事をしっかり

教えないといけないでしょうか。」と悩ましげに仰っていました。

まあ事実は正確に伝えないといけないのでしょうが、

生物そのものに善や悪があるような伝え方は避けたいところです。

ミドリガメもブラックバスも一生懸命生きているだけで、

それ自体は普遍的な生命の論理です。

ミドリガメもアメリカザリガニもブラックバスもウシガエルもアライグマも、

みんなみんな生きているんだ友達なーんーだ!・・・なのに

人間の軽はずみで身勝手な行いが悪者にしてしまいました。

法整備と平行してやるべき事の重さに、かなり憂鬱な気分です。

●この記事へのリンク↓

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20140109-OYT1T00855.htm

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

複雑な気分(その1)

Miyako_kiji

前回のタナゴサミットに関連した話題なんですが、

少し前に生態系保全に関係した新聞記事が続けざまに出たのでちょっと紹介。

上は毎日新聞の1月14日のネット配信記事です。

愛好家が天然記念物のミヤコタナゴ飼育していたところ、

順調に殖え過ぎちゃって文化庁に引き取りの相談をしたため、

違法飼育が発覚してご様になったというもの。

ミヤコタナゴは種指定の天然記念物で、ごく特別な認定を受けた

機関を除いては、とにかく飼育しちゃいけない魚です。

加えて種の保存法の方でも、飼育はおろか採集、移動、譲渡、販売の一切が

禁じられている種類です。

つまりこの記事の捕まった方。まず違法行為をしていた事は確かです。

多分ご本人は違法なのでバレちゃまずい・・・というのも重々承知で

役所に相談したのでしょう。

環境省ではなくあえて文化庁に相談している事からも、

天然記念物の取り扱いを認識されていたのだと思います。

(天然記念物は環境省ではなく文化庁の管轄)

殖え過ぎて処分に困ったのなら、殺しちゃえば良かったものを、

申告してお縄になったのです。きっとできなかったんだな〜・・・

いい加減に放流していい魚ではない事も分かっていたし、

たとえ違法な繁殖個体であってもとにかく絶対数が少ない貴重な種だから

無駄に出来ないという気持ちもあったのだと思います。

そうじゃなきゃわざわざ文化庁に相談しなかったでしょうしね。

いろいろな意見があると思いますが、私は正直複雑な気分です。

認可を受けてミヤコタナゴを展示飼育している水族館などがありますが、

そういった施設のどこででも飼育が上手く行っている訳ではなくて、

展示による啓発啓蒙に寄与しているとはいえ、

どちらかというと消費しているような施設もあるんです。

一方、個人でも飼育繁殖が上手い上に希少魚種保全のガイドラインにも

しっかり適合する方法で飼育している方もいます。

今回の、28匹の親個体から一期の繁殖で1000匹なんて

実に素晴らしい技術です。

かといって違法な事が無秩序に許されて良い訳はありません。

・・・法のあり方を再検討できないものかしら。

今のところ天然記念物ではありませんが、

「種の保存法」の観点からいえば、

ぐりおが飼育しているマルコガタノゲンゴロウも同様。

やはり法的に一切の飼育、採集、移動、譲渡、販売が禁じられています。

ただ、ぐりおの場合はマルコガタノゲンゴロウがこの法律でいう

「特定希少種」に指定される前から飼育していたので、

「既得権」と言ったらちょっと変ですが、適用外という扱いになるとの事。

でも、私が死んだら家族が飼育を受け継ぐ事も出来ないし、

ゲンゴロウの飼育達者な知り合いにあげる事も叶わない訳です。

元の産地ははっきりしていますが、飼育での継代が続いているので

そのまますぐに現地にリリースって訳にも行きません。

我が家のマルコガタノゲンゴロウも記事のミヤコタナゴも、

一体どんな未来が待ち受けているのでしょう。

●この記事へのリンク↓

http://mainichi.jp/select/news/20140114k0000e040152000c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風向き

今日は温かかったですね。ビックリの最高気温は17.5℃!

なんと昨日よりちょうど10℃高いですよ。

昼前から南西よりのぬるい風が吹きました。

これで空気が一変したという訳です。

しかし、この風向きの変化も民主党にとっては逆風のままだった様ですね。

みなさん投票行かれました?

私も一応行きましたが、今回ほど白票を入れたい選挙は初めてでした。

できれば選挙区の用紙には「対象候補者無し」比例区の用紙には

「支持政党無し」という欄が欲しかったです(笑)

いやいや、冗談じゃないですよ。

白票も投票意志と捉えれば、それも重要な世論の反映です。

それにしてもまあ・・・見事に予想通りでしたね。

むしろ予想の方向は合っていましたが、思った以上に極端でした。

こういうのって、個人的にはあんまり歓迎できません。

前回も極端でしたけどね。

その都度翻るように風向きが変わるのって、どうなんでしょ。

論点が独立した形で並んでいたのが今回の選挙の特徴でしょうか。

それを象徴するように、各論点に絞り込んで焦点を当てた

新しい政党が乱立しましたね。

それらの政党は衆議院の解散前後に慌ただしく形作られたものです。

こんなんで比例選挙なんかやっていいもんなのか・・・

しかし、自民の圧勝は見えていたものの、ここまで極端とは・・・

選挙前に「自衛隊を国防軍に」なんて発言もあったんですけどね。

維新も伸びました。いよいよ憲法九条にも手が入ることになるのでしょうか。

今回の結果で原発が「是だ」なんて解釈になるのが

すごーくイヤだったのですが、そういう解釈にもなりかねませんね。

でもこれが民意の反映なのかなあ・・・

なんだかモヤモヤが強くなって来ちゃいました・・・寝よう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷんぷん!

すいません、今日はちょっと怒っています。
前回ヒガンバナをアップしましたが、今日そのヒガンバナの群植の中に
写真の様な黄色い花が一本だけ咲きました。

このヒガンバナは一昨年に球根をまとめ買いして植えたものですが、
当初からちょっと問題を感じていました。
ヒガンバナは学名でいうとリコリス・ラディアータを指します。
このリコリスは原産地の中国では普通に種子繁殖もしますが、
古く日本に入ったものはすべて3倍体で、決して種子を作り(作れ)ません。
ところが群植した中の3割ほどが立派な黒い種子を稔らせるのです。
ということは、これはいわゆる「ヒガンバナ」ではなくて、
中国から最近輸入したか、別種のリコリスである可能性が高いと言えます。
ビオトープ利用もあり得るので株のルーツも確かめて購入したのですが・・・

販売した大手種苗会社の●華園では、
株は国産ものの増殖で、京都周辺の株だと言っていたのですがねー・・・
そしたら今度は赤い中に混じって、黄色いのが咲いちゃいましたー(笑)
これはもうラディアータが3倍体かどうかとかいう問題ではなく、
黄花種のリコリス・オーレアかリコリス・シネンシス、
もしくはそれらの血が入った交配種のリコリスの混入ですね。

単に花色だけに注目して栽培しているのであれば
「あ、黄花が入ってた!ラッキー」という風にも思えるのでしょうが、
自分が指定した種であるかどうか疑わしかったり、
ラベル落ちの別種が入っているというのは非常に気持ちが悪いものです。

こういう商品違いは近年特に多くなったように感じます。
何も●華園に限らずやはり大手の●良園でも見られますし、
そもそもウェブでもカタログでも商品名の表示が不適切だったりしています。
買う側のほとんどの人はあんまり細かく気にしないのでしょうけど、
売る側はもっと植物学的に正しい商品管理をして欲しいなあ・・・
クレームの電話をしても、
こちらが言っている意味が理解してもらえないケースが多く、
「暖簾に腕押し感」が非常に強いというのが正直な印象。
プロなんだからもっとしっかりしてくれよー・・・ぷんぷん!

Lycoris_aurea1209

| | コメント (2) | トラックバック (0)

回らんものはダメ!


Tsunagari

今日はせっかく晴れたのに午後から北西の風がびゅうびゅう吹いて、
春らしさなんてみじんも感じる事が出来ませんでした。例年なら、
もうすでに幾度も最高気温が15℃を超える様な日が混じるはずですが、
ここまでの最高は今月7日の16.5℃一回きりです。
それでも池では、今日からアズマヒキガエルの蛙合戦が幕開けしました。

さて、今日は一度書いとかなきゃと思っていた事を書いておきます。
・・・ってそんな大上段に構える事でもないのですが、
ぐりおは、原発は反対です。
これは大震災でどうのといった事ではなく、
それ以前からずううっっっっっっと反対だったという事です。

原発は事故が起こらなくても、プルサーマルで高効率な燃料使用ができても
最終的にはどーしようもない「核のゴミ」が出るんです。
以前はこれをフランスに金払って引き取ってもらったりしていましたが、
フランスももうやだとだいぶ前に言って来ているので
独自に封印して深い海底で管理する(=体のいい海洋投棄)など
検討しています。
お金のない国ではこういうゴミを預かる事を
手っ取り早い外貨獲得の手段として考えている向きもあるようですし、
ノルウェーだかフィンランドだか忘れたけど、山脈の地下深く穴を掘って
世界から引き取った核廃棄物をしまっちまおうなんて計画もあるみたいです。

まあ、お金が絡むとみなさんいろいろ考える訳ですが、
やっぱいかんよ!循環できないものは。
核も半減期レベルで考えれば同じだよって言う人もいるけど
そりゃ天文学的な時間のものさしでないと繰り返しが見えて来ない、
生命の遠く及ばぬ宇宙的次元の話でしょう。

あまりに不謹慎なので「チャンス」なんて言える筈もありませんが、
まさに今こそが、エネルギーの先駆的国家へ脱皮する、あるいは
そういう基本的な尺度を持った産業活動に変革する
絶対に二度とないターニングポイントたと思うですよ。
そりゃめちゃめちゃ大変でしょうし、並大抵ではない我慢を強いられますが、
その先には何馬身もリードした形での世界市場への挑戦権がある筈です。
今までそうやって立ち位置を築いてきたでしょうよ、わが日本は!

画像は私が子ども向けの環境教育でよく使う資料です。
生命はみな必要なものを体に取り込み、不要な部分を排せつします。
それはその生命にとっては不要なのだけれど、
それを必要とする他の生命が必ずいる。
そのつながりはどこかがいびつになろうとすると
必ず前後から調整されるしくみがあります。
唯一、この法則を無視して個体数を増やした生命が人間。
本当は、この中に上手く入っていないと、
いずれ必ず個体数の調整時期が訪れます。例外は無いはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコなのかな

昨年は震災に伴う電力需給の逼迫により、事業所のだけでなく
各家庭でも節電への取り組みが進められましたね。
その結果として扇風機が品薄になったり、
各家電メーカーから省電力型のエアコンが新発売されたりしました。
他にも衣料品で快適な構造を取り入れたものや、クールジェルを利用した
小物がいろいろと発売されたりもしましたね。
みんなが大変な思いをした夏でしたが、震災が無かったら
こうした商品の開発にこれほどはずみがつく事も無かったのでは・・・とも
思えます。でも、本気で工夫を進めるのはいいことですよね。

こうした節電アイテムと並行して、
「グリーンカーテン」がブレイクしました。
最も目立ったのがゴーヤでしょうか。次いでヘチマやアサガオかな。
我が家はもともと栽培していたウマノスズクサ科のつる植物
パイプカズラ(=Aristolochia gigantea)を、昨年は玄関の日除けとして
いわゆるグリーンカーテンに仕立てました。
葉の方は首尾よく茂ってくれたので本来の目的は
達成したのですが、葉のボリュームを出そうとして与えた
肥料とそのタイミングが悪かったのか、花がなかなか咲いてくれず
秋も深まった頃からようやくポンポン咲くようになりました。

写真は年末の大掃除の際に、
茎をからませていたネットをはずした際の様子です。
この冬はいきなり強く冷え込むようになったので、
葉っぱはすっかり萎れてしまっていますが
驚いた事に花がまだ3輪、傷みもせずに咲いていました。
とはいえこう寒くては根と株元が心配。
幸いまだ傷んでいないようなので、
元から切って株を温室に取り込みました。

さて、問題は残った部分・・・ネットに絡まった茎と葉です。
ネットは幅1.5メートル、高さ3メートルとそう大きくはないのですが、
それでもつる茎を細かく切断しながらネットと分離するまで
小一時間掛かりました。
う〜ん、うちのグリーンカーテンは小規模だったからこの程度だけど、
大々的にやった人は結構後始末が大変ですよね。

みなさんがどうされたのか気になったので、
グリーンカーテンをやった知り合いに聞いてみたのですが、
7人のうち5人は「そのまま燃えるゴミ」とのこと。
・・・そうだよねー・・・(笑)
私の場合、幸か不幸か根っから貧乏人根性なもので、
そのままネットを捨ててしまうという発想がありませんでした。
紫外線による劣化が著しいならともかく、まだ使えますから・・・

でもでも、昨年はすごーく沢山の方が
グリーンカーテンに取り組まれましたよね。
その殆どがまるごと廃棄・焼却された場合、
再生産できる植物体はともかく
石油化学製品のネットについてはあんまりエコじゃないですよねえ。
天然繊維のネットもあるんでしょうかね?
素材的には麻ひもやシュロひもが使えますけど、
あれを個人で編んで大きなネットにするのは大変だし・・・
生分解性プラスチックのネットとか作れないのかなあ・・・
うーむ、やはり同じ生産コストでは無理かもしれないですね。
今年も沢山の方や団体がグリーンカーテンに取り組むのでしょうから、
何とか天然素材でできるといいのですけどねー・・・

Green_wall

| | コメント (2) | トラックバック (0)

できちゃったよ


Gozenyamadamu

昨日にくらべると随分温かい雨でしたが、
こうドンヨリでは気分はあまり温かくありません。
洗濯もののうず高い山を見ると、さらに滅入ってしまいます
(我が家は主にぐりおが洗濯担当なんです:笑)
12月に洗濯できずに困る事って珍しいですよね。

こんな日の記事はせめて画像だけでも爽やかに・・・
ってことでも無いのですよ、これが。
まあ、たしかにきれいな風景ではあるのですがね(笑;)

これは先日陸貝調査に出掛けた時のカットで、
「御前山ダム」という人工湖の風景です。
以前からこのブログをご覧になっている皆様にはご記憶かもしれませんが、
以前数回、「ここはダムの底になってしまうんです・・・」と紹介した
相川という渓流が流れるとっても素敵な場所だったところ。
とうとう水没してしまいました。

このダム、本当に必要なのか実に疑問です。
那珂川流域の農業用水の安定確保との事ですが、
そもそも那珂川って川は比較的水量が安定している川で、
霞ケ浦の水質をよくするためにパイプでつないで
霞ケ浦に水を分けてやろうって位の川なんです。
しかも、それはもっと下流での話ですから、ここに農業用水確保の
ダムなんて必要なのかどうか・・・

だいたい、流域の農家人口は減少傾向だし、
例の減反政策で水田耕作面積だって国策として減らされてるんですよ。
ハッキリ言って工事のための工事であったとしか言い様がありません。
実際、何度も見直しの話が出たんですけどね〜・・・

この水の底には、花色の濃い山桜が沢山生えていて
春の錦の美しさと言ったら・・・
まあ、その代わりと言わんばかりにソメイヨシノが列植されましたけど。
ヒガシカワトンボが大量に発生するポイントも、
カジカが手ですくえる小さな流れも、カタクリ、アズマイチゲ、
キクザキイチゲ、イチリンソウ、ニリンソウ、ヤマエンゴサクが
お揃いでびっしりと咲く土手も、
ゲンゴロウが越冬する氾濫池も、ウラクロシジミが発生するマンサクも、
黒化型のニッポンマイマイが多く見られる露頭も、
みんなみ〜んな水没してしまいました。

まあ、これ作った人にはそんなこたあほとんどどーでも良いんでしょうけど、
途方も無い歳月を経て存続して来た独自の生態系が
いるかどーかもよく分からんダムに埋まってしまいました。

この写真を撮ったとき、隣にいた観光客は
「きれいね〜」を連発していました。
別にその人には何の罪も無い訳ですが、こうして何事も無かったように
デリートされてしまった自然の存在など、
知らなければはじめから無かったのと何ら変わらないという事実に
無性に腹が立ち、口惜しい気持ちになりました。
こんな事、実際そこらじゅうで行われているんですけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオコ再来!

Aoko1108102

ムシ暑いですが、全く雨が降りません。
ここから30キロあまり北の石岡市では、
今日115ミリの雨を記録したそうです。これはまたこれで大変!
当地と半分こしたいものです(って、半分こでも50ミリ以上ですね!)

昨日コメント欄にちらっと書きましたが、
この間までの戻り梅雨から猛暑に転じた途端、
霞ケ浦の土浦港でアオコがえらいことになっています。
土浦港はJR常磐線の土浦駅に至近。
駅の東口ロータリーでも、そのアオコの腐敗臭は充分感じられました。

13年振りの大発生との事ですが、
13年前の大発生の時より状況は深刻な気がします。
私個人としては、霞ケ浦の水質もアオコ問題も最悪だった、
あの昭和57〜58年頃の惨状を思い出させるものでした。
もちろんあの頃にくらべれば部分的で規模は小さいですが・・・

それでも現象としては当時と同じ。
南風に吹き寄せられた超高濃度のアオコは
水中の酸素を大量に消費しつつ、船溜りで一斉に枯死・腐敗!
ほぼコールタール状といってもいい位のとろみがついた水面は
黒板みたいなダークグリーンになっています。

昨日は土浦市主催の水環境学習プログラム「親子水のたんけん隊」の
講師を務めたのですが、やはり全ての参加者が
この匂いのスゴさに鼻・口をふさいでいました。
特に子どもたちにとっては、このアオコの経験は初めてな筈。
学習以前に霞ケ浦に強い拒絶反応を持ってしまわないかとても心配です。

これ、人間の片手落ちなコントロールの結果、瀕死になった湖の悲鳴です。
湖岸、底泥、出入水、漁業種苗管理、排水、生態系・・・
これまでの霞ケ浦の管理の結果、
あらゆる面で湖の自浄能力はそぎ落とされ、殺されてしまいました。
すべて人間のした行為の結果です。
そして、霞ケ浦の周辺には、この水を濾して水道水として使っている
多くの人が生活しています。
いろんな矛盾をはらんだこの湖に、
ゼニタナゴが里帰りできる日は来るのでしょうか?
う〜ん・・・・・・

Aoko1108101

| | コメント (0) | トラックバック (0)