庭のphotoログ

確信!キンラン衝撃の事実

No5kinran2205

 

皆様お久しぶりです、ぐりおでございます。

今年こそは年一ブログにしないようにと思ってるんですが、

もはやPCに向き合う時間もぐっと減ってしまい

もっぱらスマホで事足りちゃってどうにも書くタイミングが見つけられない・・・

いや、スマホで撮影してスマホでブログ書けばいいんでしょうけど

画像の方は相変わらずデジカメがメインなので、なんとも中途半端な状態です。

そんな私が今日はしれっとスゲー自論を書きます(笑;)

 

さて、5月を迎え、今年も庭にキンランが咲きました。

前にも書きましたが、私が植えたわけではありません。勝手に実生したのです。

4年ほど前に最初の株が現れたキンランは年を追うごとに数が増え、

昨年は3株3本、今年は5株6本になりました。(一番大きいのが2本立ちなので)

つまり今年新たに2株増えたことになります。

栄養繁殖で増えたんじゃないですよ。

5株は全て、数メートル離れた距離感で存在しています。

 

写真の株は今年登場した新たなる2株の片方です。

茎葉がちょっとひしゃげたように右によれてるでしょ。

実はこれは、まだ芽の時にあると気づかずぐりおが踏んづけたせいなんです。

だって、去年ここには全くなかったんですもん。

こういう事はこれが初めてではありません。

今までの実生株もみな突然現れ、その年に一気に開花しました。

 

不思議なのは、花が咲くサイズになるまでの子株の状態が一切確認できていない事。

見逃していた?・・・確かにそうかもしれません、今までは。

でも写真の一株の生えている場所は、

タチフウロという別の植物の実証実験がしたくて

かな〜りこまめに除草していた場所。「無かった自信」があります。

だからあると思わずに不用意に踏んづけちゃった次第です。

ここで確信しましたよ私は。

「キンランは、開花株に成長するまで地上部が存在しない!」

 

もう一つあります。一番大きな2本立ちの株は昨年、虫に根際の茎を食害され

花が咲く前に地上部を失ってしまいました。

本来なら11月初頭まで残って光合成をするはずの地上部を早々に失ってしまったので

普通なら翌年の生育に多大なダメージがあると思うのですが、

何とその株は何事もなかったかのように今年も2本立ちで立派な花を咲かせました。

 

キンランはラン菌との共生依存率が非常に高い植物だと言われています。

この二つの事象は、その事を強く裏付けているように思います。

いろいろと論文や報告を探したのですが、

他にそういった記述を見つける事はできませんでしたし

某植物の先生にその話をしたところ、軽く笑われてしまいました。

でも、確信しました。キンランは地下部分だけで開花サイズに成長し、

地上に姿を表すときは即開花!・・・多分これは事実です。

 

 

| | コメント (10)

「ご無沙汰してます」

Kitayahazu

 

みなさま大変ご無沙汰してます、ぐりおです。

自分でもずいぶん久しぶりにここへ参りました。

 

色々あってから何だかすっかりブログでの情報発信が怖くなってしまい、

自動的にこの場所も放りっぱなしになっちゃったんですけど

先日ココログさんから「いい加減更新せんと使えなくなっちまうぞー」と

お知らせをいただき、久しぶりに書いとります。

 

書かなくなったもう一つの理由に、

パソコンのシステムが大幅に変わっった際、

このブログの編集環境を

新しいパソコンに用意していなかった・・・ということもあります。

アプリケーションとかが大幅に変わってしまうと、

何をするにも色々勝手が違っちゃうので、

ブログに触るのが余計に億劫になってしまいました。

 

しかし、庭やらあちこちの自然やらには相変わらずカメラを向けているので

画像はそこそこのペースで増え続けているんですよね。

まあ、あまり上手くないのも相変わらずですが・・・(笑)

 

先日、庭の水路際に咲いているハナトラノオに、

キタヤハズハエトリの雄の亜成体がチョコマカ動いていました。

ハエトリグモは仕草が可愛いくて面白いのですが、

この種類はそれに加えて色と模様が美しいので大好きです。

レンズを向けると、期待通りのいいポーズを見せてくれました。

カメラ目線たと、もっと良かったなあ~

| | コメント (3)

第五のカエル登場

 

池を作って13年、

この春、今まで聞かれなかったカエルの声が響いています。

声の主はトウキョウダルマガエルのオス。

我が家に登場したカエルはニホンアカガエル、アズマヒキガエル、

ウシガエル、ニホンアマガエルの4種類、

この度登場のトウキョウダルマガエルは5種類目という事になります。

割と近くの田んぼにたくさんいるカエルなので、

夜ともなると田んぼの大合唱が我が家にも聞こえて来てはいたのですが、

この度はたった1匹なれど至近距離での大音響!

ゲッゲッゲッゲッゲッと結構な迫力です。

ニホンアマガエルもそうなんですが、やっぱりちゃんと「鳴嚢」を

持っているカエルは、声のデカさが違いますね。

ニホンアマガエルの場合のどに1個ですが、

トウキョウダルマガエルでは口の後ろというか耳の前というか

そこに左右一対の鳴嚢を持っています。

これで一日中目一杯のアピール。

さて、聞きつけたメスがやって来ますかどうか・・・

 

Tokyodaruma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと登場!!

Hikigaeru170402

 

いやー良かった!

本日、やっとやっと庭にアズマヒキガエルが姿を見せてくれました。

いろいろ心配しましたが、どうやら遅れていただけのようです。

午前中に数匹が庭に入って来ましたが、

どうやらその後も続々集結したらしく、出掛けて夕方少し前に戻ると

池ではもうどったんばったんの蛙合戦が始まっていました。

これでしばらくは池の中がめちゃめちゃになっちゃうのですが、

やっぱりこれが無いと我が家に春が来た気がしません(笑)

年に一度のお祭りですから、

どうぞ思う存分暴れちゃってちょうだいな。

ところで下の画像、アズマヒキガエルが何匹写っているか分かりますか?

初日なのでまだ数は少ないですけどね。

ヒントは水の中だけ。陸上にはいません。

答えは次回・・・

 

Kawazugassen170402q

| | コメント (1) | トラックバック (0)

一斉に来た!

Scilla_tubergeniana0325

 

結局、振り返ってみると寒い冬だったかな~という気がします。

最低気温が驚く程低い日というのはそれ程ありませんでしたが、

日中の気温が上がらない日は比較的多かったような・・・

今一番気になっているのが、ヒキガエルの繁殖「蛙合戦」がまだであること。

繁殖合戦どころか、まだ1匹も姿を見せていません。

これはヒキガエルの個体数が激減したか、うちの池に何かの原因があり、

彼等が繁殖場所として選ばなくなったのでは・・・と

最悪の想像までしてしまいます。

遅れているだけならいいんですけどね。

でも、今までで一番遅かった年でも3月中旬には開戦していたので、

本当に心配です。

植物の方も早咲きの種類の開花が大幅に遅れました。

毎年、我が家の球根植物の中でも必ず単独トップを切って咲く

シラー・チューベルギニアナですが、

今年は4~5日前からようやく咲き始め、現在ほぼほぼ満開(上の画像)。

一方、いつもなら入れ替わりのリレーで咲くイリス・レティキュラータも

同時に満開。(下の画像)

さらに、早くもオキナグサまで開花が始まりました。

今年の春はちょっと北国みたいに、

ギュギュッと圧縮されてやって来ました。

 
Iris0325
Okinagusa0325

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むひょうっ!

 
Muhyou170308
 

もう3月の上旬も終わろうかというのに、

今朝はまたずいぶんと冷え込みました。

昨日の雨で外が濡れた状態でしたから

正確にはちょっと違うのかもしれないけれど

朝陽の当たった木々の枝には

ほぼ霧氷・・・みたいな状態が見られました。

窓の外がまぶしい位に光っていましたよ。

庭でここまでのは、初めて見たかもしれません。

この春は、寒の戻りが強いですね。

少し温かいかなと思うと、すぐに本気モードの冬に逆戻りです。

 

Koubai170308

 

八分咲きを迎えた紅梅は、ちょっと気の毒です。

寒咲きアヤメもこんな感じ・・・でも、萎れたりしてない。

頑張ってるなあ!

 

Kanzakiayame170308

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は晴れるか?

最後の晴天から2週間が経ちました。

まったく今年の秋雨前線の頑固なことと来たら・・・

しかし、明日はちょっと晴れ間が出る予報。

気温も久し振りに25℃を超えそうな感じです。

写真はフキの葉っぱに登って、本当は日なたぼっこがしたいカナヘビの子。

夏前に生まれた子のようで、もう体長9センチ程に育っています。

尻尾の付け根の鱗が乱れているので、

一度尻尾が切れちゃった経緯があるのかもしれません。

この時期小さな昆虫はまだまだたくさんいるので、

越冬を迎えるまでにもうひと回りぐらい大きくなれそうですが、

そろそろモズに気をつけないとね。

「はやにえ」にちょうど良いサイズですから・・・(笑;)

 

Kanahebi1609

| | コメント (3) | トラックバック (0)

蝙蝠蛾

Koumoriga

 

一見何だかよくわからない画像ですけど、

枯れかかったクワの葉に蛾がぶら下がっているところです。

この蛾の名前はコウモリガ。

名前の由来は知らんのですけど、

こうして葉っぱにぶら下がっているシルエットは

コウモリを思わせると言えば思わせないでも無い・・・かな?(笑)

色こそ地味ですが、翅の雲門紋様はなかなか芸術的・・・

そして、このしっかりとした脚。毛むくじゃらだけど頑丈そう。

体色には個体差が有って、こういう焦げ茶系ではなく、

赤錆色っぽいのもいます。

ストロボの閃光を受けて青く光る眼がミステリアス。

ところでこの蛾、幼虫時代ははじめ草の茎に潜って中を食害するのですが、

成長ステージが上がると今度は低木、やがてもっと大きな木・・・と

食べる対象を移しながら、相変わらず中に潜り込んで食害。

今年はコイツの幼虫に随分泣かされました。

ヤマユリ、ヒヨドリバナ、ブッドレア、ウリカエデ・・・

みんな茎や幹の中を喰い尽くされ、次々に倒されてしまいました。

恐ろしい蛾です(泣)

なんでも食べちゃうこの蛾は、特定の食草・植樹に産卵する事は無く、

何千粒という大量の卵を空中から地面にバラまくという産卵をします。

写真の個体はお腹に一杯卵を抱えたメス。

また来年も泣かされるんだろうと思いつつも、

小さな確率で成虫にまでなった凛々しい姿を見ると

やっぱり駆除は出来ませんでした(泣笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに赤星登場

Akaboshi_hiki160723

 

午前中、洗濯物を干していた家人が

「ちょっとちょっと、いまアサギマダラが来てる!」と

興奮して呼びに来ました。

我が家では毎年5~6月と10~11月に

移動途中のアサギマダラがよく立ち寄ってくれるのですが、

この時期には珍しいなとカメラ片手に見に行ってみると・・・

「ああ、やつか。ついに来たな」

なるほど、多少チョウの種類を知っている人が見たら

一見アサギマダラに見えるこやつ・・・外来種のアカボシゴマダラでした。

ゴマダラチョウやオオムラサキに近縁のこの外来種は

鳥等からの捕食を避けるため、体内に毒を持ち鳥に嫌われる

マダラチョウの仲間に擬態しています。

その擬態は色や模様だけでなく、飛び方もふわりふわりと

マダラチョウっぽくゆるやかに飛ぶ・・・という技を持っています。

関東の西の方から徐々に広がり、

茨城県では県南部を中心に2年くらい前から見られるようになったので、

我が家にやって来るのも時間の問題だろうとは思っていましたが、

そうかー、ついに来たか~・・・

我が家のエノキで発生している在来のゴマダラチョウたちとは

上手く共存していけるでしょうか。

 

Akaboshigo160723

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各員鋭意調査中

今月の15日に落下してしまったキイロスズメバチの古巣、

じつはまだそのままにしてあります。

いろんな生物が隠れ家にしたり越冬場所にしたりと

二次利用が絶えなかったので、その分いろんな生物の

匂いと言うか、気配と言うか、そんなものが残っていそうなので

何か起きるかもよ・・・というのが放置の理由。

まず、鳥がよく調べに来ます。

確認しただけで、カラスとヒヨドリが来ていました。

大きな破片が結構な距離動かされていたので、

何かは分かりませんが、少し体が大きめな哺乳類も来た様です。

息子は夕方遅くに鼠ぐらいの動物が飛び回っていたのを見たそうです。

こちらはハタネズミとかアカネズミでしょうかね。

今日はまだ体長40~50センチ程度の

アオダイショウの子が探索していました。

面白いですね。面白いのですが、そろそろ片付けようと思います。

じつは巣の底にコウモリの糞がたまっていたらしく

それがなかなか良い匂い(笑)

発行させたらバットグアノ!?良い肥料になるかもです(追笑)

 

Aodaisho_chibi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧